最上川舟下りの里

戸沢村役場

  • 文字サイズ 標準 拡大
  • 背景色 白色 黒色 青色
  • Foreign language

ここから本文です

くらしのできごと

国民年金

国民年金に加入する人

日本国内に住んでいる20歳から60歳になるまでの方は全員が国民年金に加入します。

第1号被保険者

学生・農業・自営業・無職などの20歳以上60歳未満の人
市町村の国民年金担当窓口で加入手続きを行い、保険料は社会保険庁から送付された納付所で金融機関の窓口やコンビニで納付します。(定額保険料1ヶ月(H28年度分)16,260円、付加保険料1ヶ月400円)

第2号被保険者

サラリーマンや公務員は厚生年金や共済組合に加入しますが、国民年金の被保険者でもあります。勤務先で加入手続きを行い、厚生年金・共済組合に保険料として一緒に給料から天引きされるので、自分で納める必要はありません。

第3号被保険者

厚生年金・共済組合の加入者に扶養されている20歳以上60歳未満の配偶者
配偶者の勤務先を通じて手続きを行い、配偶者の加入する厚生年金・共済組合が負担しますので自分で納める必要はありません。

任意加入被保険者

希望すれば加入できる人 1.日本国内に住所のある60歳以上65歳未満の方

  • 海外に在住の20歳以上60歳未満の日本人
  • 65歳に達しても年金受給権を確保できない方は、70歳になるまでの間で受給権を満たすまで加入できます。(昭和40年4月1日以前の方のみ)
  • 老齢(退職)年金受給者で60歳未満の方

3つの基礎年金

老齢基礎年金

老齢基礎年金は、国民年金保険料納付期間と免除期間等を合算して25年以上ある人が65歳になったときに請求すると翌月分から受けられます。

障害基礎年金

国民年金加入中の、病気やけがで障害が残ったときや20歳前に病気やけがなどで国民年金法に定める障害等級表の1級又は2級の障害の状態になった場合に受けられます。

遺族基礎年金

遺族基礎年金は、国民年金の加入者や老齢基礎年金を受けられる資格のある人が亡くなったとき、その方によって生計を維持されていた子(18歳までの子のある妻、障害等級表の1級、2級の障害のある20歳未満の子)のある妻又は子に支給されます。

保険料の額

平成28年度の保険料は、1ヶ月定額で16,260円です。また、付加保険料(月額400円)を納めると、より多い年金を受けることができます。

免除制度

所得が少ないなど、保険料を納めることが経済的に困難な場合は、本人の申請によって保険料の納付が免除、猶予される制度があります。ただし、免除された分については支給の段階で免除の段階に応じて減額されます。

  • 全額免除・一部免除
    本人、配偶者、世帯主の前年所得が一定額以下の場合に申請して承認されると、7月から翌年6月までの保険料の納付が全額または一部が免除されます。なお、一部納付額を納めない場合は、未納と同じになります。
  • 若年者納付猶予制度
    30歳未満の方で、本人、配偶者の前年所得が一定額以下の場合、申請して承認されると、7月から翌年6月までの保険料の納付が猶予されます。
  • 学生納付特例制度
    学生の方で本人の所得が一定額以下の場合に、申請手続きをすることにより4月から翌年3月までの保険料の納付が猶予されます。
世帯構成 全額免除
若年猶予
一部納付
1/4納付 半額納付 3/4納付
4人世帯 162万円 230万円 282万円 335万円
2人世帯 92万円 142万円 195万円 247万円
単身世帯 57万円 93万円 141万円 189万円
  • 保険料の追納
    免除や猶予、学生特例が承認された期間は、保険料を納めた場合よりも老齢基礎年金の受取額が少なくなりますので追納をお勧めします。10年以内ならさかのぼって納めることができます。
    3年度目以降分を追納するときは、当時の保険料に加算が付きます。ただし、追納することにより、保険料を納付した場合と同じ金額で老齢基礎年金を受け取ることができます。

年金受給手続き

年金は、受給要件が満たされれば自動的に年金の支払いが受けられるわけではなく、本人が請求をしなければ支給されません。年金の受給手続きは、年金の種類や請求する方によって異なりますのでお問い合わせください。